Sakurabookリニューアル版リリースのご案内

Sakurabookリニューアル版リリースのご案内

この度、Sakurabookは新たにリニューアル版をリリース致し、ダウンロードを再開致しました。多くのお客様に長らくお待ち頂きまして、誠にありがとうございます。

今回のリニューアルで、Sakurabookは、従来よりさらに使いやすく生まれ変わりました。この記事では、これまでのバージョンとの違いについて、主なポイントを詳細にご案内いたします。

2024年1月:Sakurabookリニューアルの主なポイント

今回のリニューアルでは、さらに多くの皆様にとって使いやすいアプリとなるよう、ユーザーエクスペリエンス(UX)の改善と、予約管理機能の強化を中心にアップデートを実施しました。その主なポイントをご案内します。

基本仕様:「スペース予約」と「スタッフ予約」を、一時的に「スタッフ予約」のみ対応に

従来のSakurabookは、「スペース予約」と「スタッフ予約」の2つのモードを備えており、インストール時にどちらのモードで使用するかを選択する仕様となっていました。しかし、この仕様に伴う様々な不具合が生じていたため、今回のリニューアル版では、「スタッフ予約」モードのみの対応となります。これにより、現在のSakurabookでは「スペース予約」モードはご利用頂けない形となっております。

スタッフを指名せずに予約可能な「スペース予約」に関しては、今後対応の予定です。店舗施設や貸会議室などの利用予約を前提としたモードとして開発に取り組んでまいりましたが、レンタカーなど物品のレンタルにもご要望を頂いておりますので、そうしたビジネスモデルにも対応可能な形として、将来的にお届けできるよう、引き続き開発に取り組んで参ります。

予約ウィザードの改善

これまでのSakurabookでは、予約を申し込む際に、お客様がサービスご利用の開始時間と終了時間を任意で選択する形となっていましたが、最低予約時間に満たない長さでも選択することができ、その際はエラーメッセージが表示される仕様となっておりました。この仕様ではお客様にとって使いにくいため、新しいSakurabookでは、お客様が任意で選択可能なのはサービスご利用の開始時間のみとなります。

たとえば、「指圧マッサージ(30分コース)」というサービスの予約で、サービスの提供時間が30分間と設定されていたとします。従来のSakurabookでは、利用開始時刻を13:00、終了時刻を13:20といったように、30分に満たない予約の選択も可能になっていましたが、この場合は修正を促すエラーメッセージが表示される仕様でした。

新しいSakurabookでは、利用開始時刻のみ(上記の例では、13:00のみ)をお客様が空き枠から任意で選択する形となります。これまでと異なり、終了時刻はお客様が入力をすることはなく、開始時刻と、あらかじめ設定されたサービスの提供時間をもとに、終了時刻が自動的に計算される形となります。

ダッシュボードから予約の新規追加・変更・キャンセルが可能に

予約サイトを運用していても、お客様がサイト上の予約ウィザードから申し込まれるケースだけではありません。お電話、LINE、メール、店頭でのご予約など、様々な経路からお客様のご予約受付が発生します。また、一度いただいたご予約も、予約内容の変更やキャンセルが発生することも日常的です。

新しいSakurabookでは、管理画面のダッシュボードから、予約を新規に追加したり、既存の予約内容の変更やキャンセルを行うことができます。※ただしこの場合、決済の自動化には対応しておりません。ダッシュボードから予約追加・変更・キャンセルを行う際は、Shopifyペイメントなど決済サービスにて別途、お客様に決済をご案内して頂くようお願いします)。

予約サービスの時間単位を価格設定に関する改善

従来のSakurabookでは、サービス料金を時間単位で計算するにあたって、サービスの提供時間を「分」「時間」「日」「週」「月」「年」など複数の単位で設定できる仕様となっていました。しかしこの仕様はわかりにくく、また不具合の原因ともなっていました。

新しいSakurabookでは、サービスの提供時間を「分」単位、「時間」単位、「日」単位のいずれか一つを選択し、管理画面において、あらかじめ提供時間の長さを設定する仕様となります。

多くのサービスでは、お客様が利用時間の長さを自由に設定することは一般的ではなく、たとえば「カウンセリング30分コース」「カウンセリング60分コース」といったように、利用時間に応じてコースと料金が設定されているケースのほうが多いでしょう。また、お客様にとっても、「何分のコースで料金がいくら」と、はじめから明確にわかっていたほうが、会計が明瞭で、自分に合ったコースを選択しやすいメリットもあります。

なお、今回の仕様変更に伴い、新しいSakurabookでは、同一サービスでも利用時間の長さごとに、別々の商品ページを作成して頂く仕様となります。例えば、カウンセリング30分コース」「カウンセリング60分コース」「カウンセリング90分コース」といったように、同じカウンセリングサービスでも、提供時間の長さに応じて、商品ページを個別に作成し、Sakurabookにインポートして下さい。

商品ページのインポートに関する改善

Sakurabookは、Shopifyの商品ページのうち、対応するタグが設定されたページをアプリにインポートして、予約サービスとして提供する仕組みになっています。この仕組みについては従来のバージョンと同様ですが、タグの設定方法について改善を施しました。

従来のSakurabookでは、頭文字が大文字の「Service」タグを設置する必要があり、頭文字が小文字の場合はアプリが認識できず、インポートできない仕様となっていました。新しいバージョンでは、タグの文字列が大文字・小文字どちらの「Service」「service」でもインポート可能となります。

新バージョンに対応したデモサイトをオープン

今回のリニューアル版リリースに伴い、新バージョンのSakurabookに対応したデモストアをオープンいたしました。さらに使いやすくなったSakurabookを、デモストアでご体験頂けます。

⇒Sakurabookデモストアを表示する
https://sakurabook-demo.myshopify.com/

わかりやすく、さらに使いやすいSakurabookをご活用下さい

今回のアップデートで、Sakurabookは、さらに使いやすく、わかりやすい予約アプリへと進化しました。従来よりさらにユーザーフレンドリーになったSakurabookを、ぜひ、皆様のビジネスとShopifyサイトで、改めてご活用いただければ幸いです。

⇒ShopifyアプリストアからSakurabookをダウンロードする
https://apps.shopify.com/sakurabook?locale=ja

Sakurabookは今後とも、新たな機能の実装や、さらなる利便性の向上に向けて、引き続きアップデートに取り組んで参ります。引き続き、よろしくお願い致します。

« 一覧に戻る